fbpx
ウィキペディア

デジタルオブジェクト識別子

デジタルオブジェクト識別子(デジタルオブジェクトしきべつし、英語: Digital Object Identifier、略称DOI)は、インターネット上のドキュメントに恒久的に与えられる識別子である。

デジタルオブジェクト識別子のロゴ

URLは、サーバの移転などによって変化するため、古い情報になるほどリンク切れなどの不都合が生じやすい。DOIは、ユーザーとファイルの所有者(出版社や音楽配信業者など)の間にDOIディレクトリを経由させることで、これを回避するものである。

DOIは、学術論文の分野でよく利用されており、NatureScienceのような学術雑誌や、ACMIEEEなどの学会が発行した論文誌の記事に付与されている。

また、DOIは著作物のタイトルだけでなく、より細分化したレベルで付与することもできる。書籍なら任意のページや図表ごと、CDであれば曲ごとに識別子がつけられるため、目的とする情報を早く選択的に得ることが可能となる。(ISBNISSNCODENなどは、タイトル別にのみ識別番号が付けられている)。

DOIのシステムはAAP(Association of American Publishers、アメリカ出版協会)とCNRI (Corporation for National Research Initiatives)によって設立され、現在は国際DOI財団 (The International DOI Foundation)によって運営されている[1]

システム

典型的なDOIは次のような文字列である。

10.1021/jo0349227

この例において、10.1021は国際DOI財団が付与するディレクトリの識別子(本例ではアメリカ化学会を示す)である。スラッシュ以下のjo0349227はファイルの所有者(本例ではアメリカ化学会)が任意で付けるIDである。

実際にブラウザでDOIによって検索をする際には、次のように "https://doi.org/" の後にDOIをつければよい(以前は"http://dx.doi.org/"や"http://doi.org/"だったが、現在これは推奨されてはいない[2])。

https://doi.org/10.1021/jo0349227

システム上は次のような過程を経てファイルが表示される。

  1. ユーザーが、欲しいファイルのDOIを入力する。
  2. 入力されたDOIが、DOIディレクトリに送信され、目的のファイルのURLに変換される。
  3. 変換されたURLが、ファイルが置かれている出版社のサーバに転送される。
  4. 出版者のサーバが、ユーザーに目的のファイルを送信する。

もし出版社がファイルの移動を行う場合は、DOIディレクトリ内で対応するURLを更新することで対応する。したがって、ユーザー側は同じDOIをいつまでも使い続けることができる。

DOI登録機関

  • CrossRef
  • DataCite(英語版)
  • 欧州委員会出版局
  • ジャパンリンクセンター
  • mEDRA
  • 韓国科学技術情報研究院(英語版)
  • EIDR(英語版)
  • 中国知網(英語版)
  • Airiti(英語版)
  • ISTIC

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 長谷川 1999, p. 19.
  2. ^ “Encoding recommendations when used in URLs”. DOI® Handbook. 2017年5月24日閲覧。

参考文献

  • 長谷川, 豊祐「DOI(デジタルオブジェクト識別子)システムの概要(<特集>メタデータ)」『情報の科学と技術』第49巻第1号、社団法人情報科学技術協会、1999年1月1日、 28-33頁、 NAID 110002828034。
    • “”. 2016年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月3日閲覧。

外部リンク

デジタルオブジェクト識別子
デジタルオブジェクト識別子, ウィキペディアにおけるdoiの使い方については, wikipedia, とtemplate, doiをご参照ください, デジタルオブジェクトしきべつし, 英語, digital, object, identifier, 略称doi, インターネット上のドキュメントに恒久的に与えられる識別子である, のロゴ, urlは, サーバの移転などによって変化するため, 古い情報になるほどリンク切れなどの不都合が生じやすい, doiは, ユーザーとファイルの所有者, 出版社や音楽配信業者など, の. ウィキペディアにおけるDOIの使い方については Wikipedia デジタルオブジェクト識別子とTemplate Doiをご参照ください デジタルオブジェクト識別子 デジタルオブジェクトしきべつし 英語 Digital Object Identifier 略称DOI は インターネット上のドキュメントに恒久的に与えられる識別子である デジタルオブジェクト識別子のロゴ URLは サーバの移転などによって変化するため 古い情報になるほどリンク切れなどの不都合が生じやすい DOIは ユーザーとファイルの所有者 出版社や音楽配信業者など の間にDOIディレクトリを経由させることで これを回避するものである DOIは 学術論文の分野でよく利用されており NatureやScienceのような学術雑誌や ACM IEEEなどの学会が発行した論文誌の記事に付与されている また DOIは著作物のタイトルだけでなく より細分化したレベルで付与することもできる 書籍なら任意のページや図表ごと CDであれば曲ごとに識別子がつけられるため 目的とする情報を早く選択的に得ることが可能となる ISBNやISSN CODENなどは タイトル別にのみ識別番号が付けられている DOIのシステムはAAP Association of American Publishers アメリカ出版協会 とCNRI Corporation for National Research Initiatives によって設立され 現在は国際DOI財団 The International DOI Foundation によって運営されている 1 目次 1 システム 2 DOI登録機関 3 脚注 4 参考文献 5 外部リンクシステム 編集典型的なDOIは次のような文字列である 10 1021 jo0349227 この例において 10 1021は国際DOI財団が付与するディレクトリの識別子 本例ではアメリカ化学会を示す である スラッシュ以下のjo0349227はファイルの所有者 本例ではアメリカ化学会 が任意で付けるIDである 実際にブラウザでDOIによって検索をする際には 次のように https doi org の後にDOIをつければよい 以前は http dx doi org や http doi org だったが 現在これは推奨されてはいない 2 https doi org 10 1021 jo0349227システム上は次のような過程を経てファイルが表示される ユーザーが 欲しいファイルのDOIを入力する 入力されたDOIが DOIディレクトリに送信され 目的のファイルのURLに変換される 変換されたURLが ファイルが置かれている出版社のサーバに転送される 出版者のサーバが ユーザーに目的のファイルを送信する もし出版社がファイルの移動を行う場合は DOIディレクトリ内で対応するURLを更新することで対応する したがって ユーザー側は同じDOIをいつまでも使い続けることができる DOI登録機関 編集CrossRef DataCite 英語版 欧州委員会出版局 ジャパンリンクセンター mEDRA 韓国科学技術情報研究院 英語版 EIDR 英語版 中国知網 英語版 Airiti 英語版 ISTIC脚注 編集 脚注の使い方 長谷川 1999 p 19 Encoding recommendations when used in URLs DOI Handbook 2017年5月24日 閲覧 参考文献 編集長谷川 豊祐 DOI デジタルオブジェクト識別子 システムの概要 lt 特集 gt メタデータ 情報の科学と技術 第49巻第1号 社団法人情報科学技術協会 1999年1月1日 28 33頁 NAID 110002828034 DOI デジタルオブジェクト識別子 システムの概要 2016年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ 2013年1月3日 閲覧 外部リンク 編集ウィキデータにはデジタルオブジェクト識別子のプロパティであるDOI DOI書式指定 DOIプレフィックスがあります 使用状況 使用状況 使用状況 Overviews ウェイバックマシン 2008年10月4日アーカイブ分 英語 国際DOI財団による解説 デジタルコンテンツへのID 付けのための共同宣言 ウェイバックマシン 2004年12月6日アーカイブ分 日本語 コンテンツIDフォーラム cIDF International DOI Foundation 国際DOI財団 DOI コトバンク https ja wikipedia org w index php title デジタルオブジェクト識別子 amp oldid 87922050 から取得, ウィキペディア、ウィキ、本、library、

論文

、読んだ、ダウンロード、自由、無料ダウンロード、mp3、video、mp4、3gp、 jpg、jpeg、gif、png、画像、音楽、歌、映画、本、ゲーム、ゲーム。