ウィキペディアランダム
毎日カテゴリ
共有: WhatsappFacebookTwitterVK

Ο

Ο, ο(オミクロン、古代ギリシア語: οὖ ウーギリシア語: όμικρον、英: omicron)は、ギリシア文字の第15字母。数価[注 1]は 70、音価は /o/。ラテンアルファベットOキリル文字Оはこの文字に由来する。「オ・ミークロン」とは小さい「O」という意味で、「オ・メガ」、大きな「O」(Ω)と対になる名前である。 

この1字でギリシャ語の男性主格単数の定冠詞を表す。例)ο θεός(神)

起源

フェニキア文字 𐤏  (アイン)に由来する。この文字はセム語では有声咽頭摩擦音/ʕ/を表していた。ギリシア語にはこの子音がないので、母音/o/を表すために転用された[1]

本来の文字名称は/o/の長母音である/oː/だったが、古典期前後の音韻変化の結果/uː/に変化した[2]。2-3世紀ごろに母音の長短の区別が消滅すると、短い「Ο」と長い「Ω」を区別するため、前者を「小さなオ」(ὂ μικρόν、オ ミクロン)、後者を「大きなオ」(ὦ μέγα、オ メガ)と呼んで区別した[3]

記号としての用法

符号位置

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
Ο U+039F 1-6-15 Ο
Ο
Ο
ο U+03BF 1-6-47 ο
ο
ο
Ό U+038C - Ό
Ό
ό U+03CC - ό
ό

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 文字に当てはめられた数値のこと。ギリシアの数字を参照。

出典

  1. ^ Allen (1987) p.171
  2. ^ Allen (1987) pp.77,90,172-173
  3. ^ Allen (1987) p.173

参考文献

  • W. Sidney Allen (1987) [1968]. Vox Graeca (3rd ed.). Cambridge University Press. ISBN (0521335558) 
ウィキペディア、ウィキ、本、library、論文、読んだ、ダウンロード、自由、無料ダウンロード、mp3、video、mp4、3gp、 jpg、jpeg、gif、png、画像、音楽、歌、映画、本、ゲーム、ゲーム。